ロッテ井口監督「敗戦の責任を選手に負わせるような監督にはなりたくない」

2pt   2018-01-13 11:35
俺とカープと何か

1 :風吹けば名無し:2018/01/13(土) 04:22:26.27 ID:twb+zAD00.net

試合後に出す監督のコメントにも同じような傾向があります。メジャーリーグの監督は、自分の采配について話すことがメインだけれど、日本の場合は、敗因について選手個人の名前が挙がることがある。それが、メディアを通した監督のメッセージだという考え方もあるそうですが、僕はあまり賛成できません。自分の言葉がきちんと伝わればアリだとは思いますが、コメントを切り取られたりして、こちらの真意が選手に伝わらない場合もあるでしょうからね。 
それに、次の日のスポーツ紙に自分の名前が戦犯として掲載されているのを見たら、選手は気分を悪くします。今だったらインターネットがあるから、帰宅するころには、もうそういう記事が上がっている。たとえ、その選手のミスが原因で負けたとしても、それはその選手自身が一番身に染みていることなんです。 
北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督は、負け試合の後、必ずと言っていいほど、「監督の自分の責任」とコメントしています。選手のミスで負けた試合まで「自分が悪い」と言うつもりはないですが、決して選手に責任を押し付けない姿勢は見習いたいです。自分が敗因だと理解している選手も、そこで自分の名前が出なかったことをありがたいと感じるはずですから。

http://best-times.jp/articles/-/7947?page=2
d8acdd5d.jpg


c?ro=1&act=rss&output=no&id=5982322&name
   なんJアンテナトップページへ
何でも実況Jの話題が沢山。