村田修一さん、1月中に結論「自分で売り込みしてる」「誘いがなければナチュラルリタイア」

3pt   2018-01-13 17:05
俺とカープと何か

1 :風吹けば名無し:2018/01/13(土) 15:54:35.53 ID:XobLoKD5a.net
元巨人・村田が胸中激白 男の引き際「誘いがなければナチュラルリタイア」 
この先どんな道が待ち受けているのか――。巨人を自由契約となった村田修一内野手(37)が11日、自主トレを行う神奈川県内のグラウンドで本紙の直撃に応じ、「男の引き際」について語った。衝撃の通告から3か月。NPB球団からのオファーを待ちつつ、現在は独立リーグ入りも視野に入れて始動している。その一方で年を越し、変化し始めた心境も吐露。自分の置かれた立場を冷静に見つめる男は「第2の野球人生」まで見据えていた。 
――この日は三塁ノックにフリー打撃まで敢行。年明け早々ですが、軽快な動きでした 
村田:練習は例年の同時期と変わりませんよ。変わったのは所属球団が決まっていないこと。今は野球は“趣味”でやっていますから(笑い)。

――NPB球団のオファーはまだ届かない 
村田:ないですね。野球は続けたいですし、こうやってやっているうちは独立リーグも視野に入れています。(NPB球団から)今月中に「キャンプに参加しませんか」という話が来なければ、そういった道に進むしかありませんし。1月中には結論を出します。 

――ところでNPBの球団に対して自ら売り込みのアクションはかけているのか 
村田:かけています。いけるところは自分でずっとやっているんですけれど、どこも育成方針だとかでね…。「今のところはない」っていう答えしか返ってこない。自分としてはできることはやったんで。 
何もしないでただ待っているだけじゃないんでね。「必要ない」って言うところに何回もお願いしても 仕方がない。今までは必要だと言われて野球をやってきましたが、そういうところがNPBになくて、 独立リーグから必要だと言ってくれれば、独立リーグでやります。その上でNPBに戻れないのであれば、いつかは辞めないといけないと思います。高校、大学と野球をやってきましたけれど、周りはみんなどこかで辞めました。それが人よりもちょっと長かったのかなと…。いつかは現役を上がらないといけませんから。生涯現役はないんでね。
――家族にも意思は伝えている 
村田:もちろん話しています。そういう態勢を取って、7月末の支配下選手登録の期限まで野球をやってみて、NPBのお誘いがなければ辞めるかも、と。そうなれば“自然引退”。“ナチュラルリタイア”ということになりますかね。 

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/884119/
89a7c2dc.jpg


c?ro=1&act=rss&output=no&id=5982322&name
   なんJアンテナトップページへ
何でも実況Jの話題が沢山。